久保田祐佳NHK新女王アナウンサー!結婚画像とタモリとの関係は?

sponsored link

533_large

どうも、のりたまです。

関東も真夏のような暑さがしばらく続いています。

おそらく梅雨明け目前!

サマービーチを楽しみにしている方は気持ちウキウキでしょうね^^

さて、そんな気持ちをさらに高めてくれるのが女子アナウンサー。

特に、NHKの久保田祐佳アナに注目が集まっています。

ここにきて新女王として名を馳せている部分もあり、これはただただかわいいとか見た目だけの問題ではなさそうです。

今週もいつものとおり

19日土曜日の20時から

「突撃 アッとホーム」

に出演しますよ。

結婚の画像の検証とタモリさんとの関係を含めて久保田アナの魅力に迫ってみたいと思います。

sponsored link

強運の持ち主でもある局アナ

久保田祐佳さん、静岡から上京して才女の証、慶應義塾大学を卒業。

2005年にNHKに入社します。

久保田アナが1982年11月15日生まれの31歳ですから23歳の時ですね。

ん?新卒枠での採用で23歳というですので久保田さんは慶応大学に1浪して合格したということでしょうか。

ということは、この大学に入りたいという”希望”ではなく、この大学に入って自分のなりたい姿をしっかり描いていた証拠でもあるまさに“志望”校であったことがうかがえますね。

そして入社したNHKで最初に配属になったのがご自身の出身地でもある「静岡」

最初の赴任先が地元から始められるなんてそうそうないですよね。

それだけではありません。

いま久保田アナの旦那様は当時静岡時代の先輩のディレクター。

テレビ業界のイロハも教えてもらってすっかり意気投合。

でも、NHKの女子アナの転勤はつきもの。

ちょっとした遠距離恋愛になるかと思いきや、2008年の同時期に旦那様とともに東京に転勤。

こんな強運あるんでしょうか?

お互いがここで運命を感じたことに間違いはありません。

そして晴れて2010年8月に結婚されています。

最初に不採用になったテレビ朝日にそのまま入社したとしたらそこまでの運を引き寄せられたでしょうか。

ここは久保田アナに課せられた人生の昇格の為の試練であり、振り返ってみれば意味のある出来事だったのでしょうね。

結婚前後の画像で久保田アナの変化は?

久保田アナ、若かりし頃の勢いと結婚を意識した大人びた風合い、そして結婚後の幸せいっぱいの表情と、女性としての深まった魅力が見て取れます。

 

☆結婚前の画像

20070204yukatan

これは静岡時代のひたむきな時代

そして東京に来たばかりのころの旦那様との運命を感じ始めたころ。

11500873

一気に女性の魅力が増してきています。

 

☆そして結婚後の画像。

20110818_kubotayuka_25

自分の出し方をうまくわきまえていて、それでいて嫌みのない、深まった魅力を放っています。

後述しますが結婚写真も当時のものはアップされておらず、結婚発表も自らではなくあとからマスコミの発表で判明します。

タモリさんとの絶妙な関係

タモリさんと久保田アナとの関わりはNHKの小旅行番組、「ブラタモリ」が有名。

news_large_buratamo

フジテレビの『めちゃ×2イケてるッ!』の番組内のコーナーでロケ中のブラタモリに直撃し、久保田さんが民放デビューしたこともありました。

この番組でのタモリさんとの共演は久保田さんに大きな影響を与えています。

タモリさんは「笑っていいとも!」を32年間も続けられたのは、ひとえに3歳年上の奥様のおかげだと話しています。

タモリさんの個人事務所の社長をしていたのが奥様で、タモリさんが番組に集中できるようにとタモリさんへの心遣いで社長業をこなしていたそう。

ここまでタモリさんを支え続けた奥さんに対して

『カミさんには頭が上がらない』

と話しているだけに奥様への愛情は人一倍負けないものとなっています。

今度はタモリさんが恩返しをする番。

いま、まさにたっぷりと夫婦の時間を楽しんでいることと思います。

そんな言葉にせずともタモリさんの生き方を見てきた久保田さん。

おそらく自分の理想とする夫婦像を久保田さんは隣でずっと見てきたのではないでしょうか?

タモリ流の結婚生活の秘訣、頭のキレる久保田さんならではの仕入れがあったに違いありません。

 

久保田祐佳アナの動画

めちゃイケに飛び入り出演を果たした時の静止画動画ですが雰囲気は伝わってきますね。

編集後記

久保田さんの結婚話は結婚した時ではなく、結婚後一年を経過してから新聞紙面にて世に知れ渡ることになりました。

これ、どういうことか分かります?

世間の注目は久保田アナの熱愛、結婚に注目が行くはずなのに、当の本人は自分の本質的な役割を一生懸命こなしていた証拠です。

自分の使命は、視聴者に分かりやすく番組内容を伝えること。

受信料をいただいている立場をわきまえて、自分事を封じて常に視聴者目線で物事を捉えること。

つまり、

「自分にスポットライトを当てるのではなく、相手にスポットを当てる」

ということですよね。

常に他人の気持ちを尊重し、相手が喜ぶための言動、行動を心掛ける。

自分事は自分からアピールするのではなく、それとなく相手から言わせるくらいの配慮をする。

その配慮は、相手をたっぷり承認し、気遣うことで

「その人への興味からくる関心」

が基で質問をいただくくらい相手を思いやる。

これが久保田さんには備わっているような気がします。

久保田アナがNHKの看板アナウンサーになりつつあるのもうなずけます。

キーワードで「産休」とも出てくる久保田アナ。

もう一つの幸せを授かる日も近いかもしれませんね。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ