森脇良太の背番号の逸話と大失態!結婚式はいつ?嫁の性格は?

sponsored link

 zLsg_N3vch_1_Koki%2520NAGAHAMA

どうも、のりたまです。

昨日はえらい暖かかったですね~。

関東は4月の気温だったみたいですよ。

さて、森脇良太さんって知ってます?

浦和レッズに所属する、いまではなくてはならないムードメーカーのサッカー選手です。

勢いに乗ってますねえ。

しかもあさって2/6木曜日の19:00からフジテレビ系列にて

「VS嵐」に

浦和レッズチームとして出演しますよ。

ちょっと追ってみました。

sponsored link

プロフィール

森脇さん、昨年10月に結婚したばかりの新婚ほやほやさんです。

27歳に結婚ですからまさに森脇さんにとっては結婚適齢期!

情報としては一般人の女性ということで年齢、出身、画像とうは表に出ていませんが浦和レッズに移籍してからの結婚ということは関東圏内の結婚生活のほうが都合がいいのかもしれませんね。

と書いたのも、森脇さんはいま1986年4月6日生まれの27歳で、広島県の福山市に生まれた生粋の広島っこです。

当時はまだ野球がブームの時代。森脇さんも小さい頃は野球をやっていて、憧れの選手は広島東洋カープの山内泰幸さん。

p14

あの右肘を高く上げる独特の投球フォームがピンクレディにちなんで「UFO投法」と名づけられ有名でしたね。

サッカーを始めたのは小学校2年生からです。

中学生になってから福山市の隣の尾道市のサンフレッチェびんごジュニアユースへ入団、2002年にサンフレッチェ広島ユースへ昇格します。

その3年後にはトップに昇格、正式にプロ契約を結びます。

森脇さんが19歳のときですね。

それからは7年にわたりずっと広島を支えてきました。(一時愛媛FCにレンタル移籍期間あり)

転機は2012。その年にリーグ戦33試合に出場し、広島のJ1初優勝に貢献します。

そしてステップアップで浦和レッズへ移籍。

そこには広島時代の恩師となるペトロヴィッチが監督がいたんですね。

背番号の逸話

浦和レッズでの背番号は『46』。

広島時代は24番を付けていたが、浦和の背番号24はFW原口元気さんとういことで同じ番号での移籍はできず。

この46ってまさか先ほど書いた誕生日が4月6日生まれだから「46」?と思ったらその通りです(笑)

強引に24に結ぶとしたら、『4×6=24』。

これも本人の意向です(笑)

ただ森脇さんは

「浦和の顔、将来を担う素晴らしい選手がいる」

と言われるよう意気込みをこめて背番号を取得したようですよ。

大失態?!

これは先日行われた浦和駒場スタジアムでの「レッズフェスタ2014」での一幕。

イベント中にチームメートに服を脱がされ、お尻を露出。。。

テレビカメラには映らずにすんで、今のところ画像の流出もなさそうですが、その日に駆けつけたサポーターは1万6600人!

サッカー場でそんな失態した人は今までいないでしょうね。。。

この日は節分の時期にちなんで赤鬼のコスプレで登場した森脇選手。

同じディフェンダーの槙野さんとともにムードメーカーだけに、行き過ぎた行動は慎みたいですね。

奥さんの性格は?/h3>

森脇選手結婚相手は一般人の女性ということですが情報が薄く、画像も見当たりません。

結婚式も具体的にいつなのかもはっきりしませんがおそらく今週末で最後を迎えるシーズン終了してからゆっくり決めるんじゃないかと思います。

森脇さんを支える奥さん、どういう性格の持ち主なんでしょうか?

意外と鬼嫁?!かもしれませんよ。

というのも昨年の入籍した10月10日直後の試合で決勝進出を果たした森脇さんのコメントにそのヒントが隠されています。

『嫁にプレッシャーを掛けられていたんです。もし、決勝に進めていなかったら、何を言われていたか分からない。とにかくホッとしました』

冗談交じりではありましたが、コメントを求められていい刺激ではなくプレッシャーと解釈してしまうのは、もしかしたら

「私と結婚したことで試合に負けるようになったみたいなこと言われないでよ!」

に近い言葉があったに違いありません。

スポーツ選手の奥さんって意外と叩かれやすいですからね・・・

森脇良太さんの動画

さわやかの一言に尽きますね!

編集後記

森脇選手、広島から浦和の移籍のときのコメントで

「浦和は優勝の文字しか似合わない。強い気持ち、諦めない気持ちを見せたい」

と力強く語りました。

浦和のシンボルカラー赤と黒が町中を彩ることを願うばかりです。

森脇選手の今後の活躍にも目が離せませんね!

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ