白石康次郎の魅力とは?嫁は?子供は?身長は?

sponsored link

海洋冒険家の白石康次郎さん、
ここにきてとても大人の魅力を放ってますね。

彼の半生でとにかくすごいのが

tsudoi2005_05

sponsored link

ヨットで単独世界一周を三度も
経験していることです。

単独ですよ!

しかも無寄港でヨット世界一周達成
したのは当時の世界最年少の記録だそうです。

しかもその期間が約8ヶ月というから
正気の沙汰ではありません。

それを成し遂げる彼のモチベーション
になにか生きるヒントがあるのかもしれません。

今回はそのモチベーションに
スポットを当ててみたいと思います。

ちなみに白石さんの簡単なプロフィールは

1967年5月8日生まれ。東京出身。
おうし座で血液型はA型。身長は181cmです。
男性としはうらやましくなるタッパ、スタイルです。

結婚していて娘もいて
奥さん(白石海夕希)がまた美人さんです。

テレビ東京時代にテレビキャスター、
気象予報士、ファイナンシャル・プランナー
をこなす実力者です。
本名は白石みゆき(旧姓 矢玉(やだま))です。

shiraishi2

ヨット航海中は約8ヶ月たった一人になりますが、
白石さんは船上で孤独を感じたことは一度もないとのこと。

船上では環境は一人ですが世界一周という夢があり
自分が大事に育てもはや体の一部と化しているボートと
共にいて、さらにはライバルや友人、家族も常に一緒に
いるような感じだからだそうです。

これは白石さんの精神論ですが
孤独というのは一人でいるから感じるのではなく、
心が孤独だと感じることだと言っています。

幸せもそうかもしれませんね。
故相田みつをさんも
幸せはいつも自分のこころがきめる
と言っていました。

何よりも白石さんがこういった冒険に出られるのも、
白石さんの奥さんが家庭を守ってくれているからだと
感謝しているそうです。

家庭というのは白石さんの冒険における軸・基礎であり、
支えでもあります。奥さんのおかげで家庭という軸が
ぶれずにいたから、白石さんは夢に打ち込むことが
できました。

確かに家庭がしっかりしていないと、夢・希望を持って
何かをやるということはできないですからね。

白石さんの幼少時代はというと今とほとんど
変わっていないとのことです。

子供らしく好奇心のかたまりで、当時から海を
眺めながら水平線のかなたに夢を抱いていました。

小さいころはとにかく運動が好きで野球少年。


そんな中、海に出る夢を叶えるべく水産高校、
現在の神奈川県立海洋科学高等学校に進学し
船乗りを目指します。

そんな時世界一周のニュースを見て、後の師匠
である多田雄幸に弟子入りをすることになりました。

実は初の史上最年少単独世界一周にチャレンジ
した時に、二回失敗しています。

落ち込んでどうしようもなくなっている白石さん
を勇気付けたある言葉があります。

「大切なことは大志を抱き、それを成し遂げる
技能と忍耐を持つことである。
その他は何れも重要ではない。」

当時迷い、自分の夢を疑いかけた白石さんに
本気のスイッチを入れてくれた言葉でした。

特に「その他は重要ではない」というところです。

とにかく周りがなんて言おうが、失敗しようが
成功しようがとにかく夢に向かって突き進もうと
決心したようです。

そしてついに、
単独世界一周を成し遂げたのです。

本人の意思もさることながら
周りの、特に家族のサポートが
重要なのですね。

白石さんの今後の活躍、
ますます楽しみです。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ